遠隔ヒーリングは、離れた場所にいる人にヒーリングをする方法ですが、レイキ(霊気・霊氣)を使った遠隔ヒーリング法では様々な応用ができる便利な手段ですので、ぜひ覚えておきたいヒーリング方法です。

ここではまず、離れた場所にいる人に遠隔ヒーリングする基本的な方法をご紹介します。

遠隔ヒーリングは、基本的には目を閉じて行います。

また、一回のヒーリングに20~30分必要です。


基本的な方法

1.レイキエネルギーと繋がる

 自分のやりやすい方法でレイキと繋がります。

 頭部に2~3分間自己ヒーリングしてもいいです。

 第四シンボル(マスターシンボル)を使って、全身を光で包み込むか、または光のバイブレーションを頭頂から感じてもいいでしょう。

2.レイキエネルギーを送る相手を設定する

 次のいずれか一つで対象を設定します。

 ①名前(フルネーム)を三回唱える

 ②写真を見る(パソコンや携帯に入れある画像でもいいです)

 ③顔を思い浮かべる

3.シンボルを描きマントラを三回唱える

 第三(遠隔)・第二(エモーション)・第一(パワー)シンボルの順に、イメージで描くかまたは指で空中に描きます。

4.ヒーリング

 自分の身体のどこかに手を置き、相手の身体でヒーリングしたい箇所を声に出すか、心の中で唱えます。

 複数個所を順番に行っても、一箇所を重点的に行ってもいいです。

 自分が手を置く箇所とエネルギーを送りたい箇所が違っていても構いません。


ビジュアライゼーション(視覚化)を利用する方法

1.レイキエネルギーと繋がる

2.ビジュアライゼーション(視覚化)

 レイキを送る相手が目の前にいるように視覚化します。

3.シンボルを描きマントラを三回唱える

 視覚化した相手に向かって第三(遠隔)・第二(ハーモニー)・第一(パワー)シンボルの順に、イメージで描きます。

4.ヒーリング

 相手の身体のヒーリングしたい箇所に両手をかざしていきます。


基本的な方法は、自分の身体を媒体にする方法です。

一度に複数の人に遠隔ヒーリングすることが出来ます。

また、ビジュアライゼーション(視覚化)を利用する方法では、過去や未来の出来事に対してヒーリングすることができます。

今起こっている問題(仕事・健康・人間関係など)に対してヒーリングすることも出来ます。

願望実現の手法もその一つといえます。

Sponsored Link

コメント

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

自己紹介

 私は50代・男性のレイキマスター、山梨県・河口湖から配信中です。
 仕事をする傍ら、自分や周りの人にレイキヒーリングをしています。
 私にとってレイキは現実的なものでスピリチュアルではありません。
 多くの人にレイキで心身ともに充実した生活を送って欲しい・・・
 私とレイキの出会いについてはこちらをご覧ください。

アーカイブ

最近のコメント

ブックマーク/RSS登録

Sponsored Link

免責事項

レイキヒーリングで願望実現しよう! は私の経験と知識を基に作成しておりますので記述内容・リンク先の内容について保証できません。
さらに日本では医師法等の法律上レイキ (霊気・霊氣)を病気(疾患)の治療目的で使用することは医療行為に該当するため禁じられています。

ブログ発行者へメール

携帯QRコード

QRcode:home

相互リンク

にほんブログ村 健康ブログ レイキへ
にほんブログ村
TREview
HSランキング
人気ブログランキングへ
Yahoo!ログール


このサイトは レイキヒーリングで願望実現しよう!
エックスサーバー
で運営しています。