レイキ(霊気)とは直接関係ありませんが、ストレス状態の改善に、よい方法があります。

もちろん、レイキヒーラーにとっても効果的な健康法です。

ストレス状態がひどくなると、自律神経のバランスが悪くなるのはご承知のとおりですが、自分でも知らないうちに、身体に力が入っているのに気付いていますか。

「病は気から」といいますが、これを逆手にとった健康法が、「自律訓練法」です。

自律訓練法とは、身体に働きかける自己暗示の練習によって全身の緊張を除き、心と身体の状態を自分で調整する、段階的訓練法です。

1932年に、ドイツの精神科医シュルツ(J. H. Schultz)によって創始されました。

心療内科では、心身症や神経症などに対する治療プログラムとして取り入れられていますが、日常生活での健康法としても活用されています。

主な効果

・身体的な痛みや精神的な苦痛が緩和される

・蓄積された疲労の回復が得られる

・イライラせず、穏やかになれる

・仕事や勉強の能率があがる

・自己統制力が増し、衝動的行動が少なくなる

・内省力がつき、自己向上性が増す

方法

1.外界からの刺激をできるだけ少なくし、目を閉じ、仰向けになるか、ソファに腰掛けます。

2.公式を繰り返し心の中で唱えます。

 基礎公式 「気持ちがとても落ち着いている」

 第1公式 「両手両足が重たい」

 第2公式 「両手両足が温かい」

 第3公式 「心臓が静かに打っている」

 第4公式 「呼吸が楽にできる」

 第5公式 「お腹が温かい」

 第6公式 「額が涼しい」

3.腕を強く屈伸し、深呼吸してに目を開けるという、「打ち消し」動作を行います。


最初に基礎公式と第一公式だけ行い、感覚が掴めたら、次の公式へと進んでいきます。

強く意識せず、手足などにさりげなく注意を集中させる「受身的注意集中」が肝心です。

すべての公式ができなければ効果がないということではありません。

実際には、第2公式までできれば、ずいぶん楽になります。

1回3~5分とし、できれば毎日2、3回ずつ続けます。

私の場合、自律訓練法を始めたのは20年ほど前ですが、第1公式で「重たい」感覚が掴めるまで、1ヶ月かかりました。

その間、日中だけでなく、睡眠中も身体に力が入っている自分に気づいたんです。

毎日の生活の中で自律訓練法を実行することにより、心身の機能を正常に保っていくことができます。

第6公式以降は、「アファメーション」を取り入れて、悪癖の改善などにも応用されています。

レイキヒーラーにとっても、身体が硬くなっているとレイキエネルギーの流も悪くなりがちです。

自律訓練法で身体を弛緩させるとよいでしょう。

九州大学・心療内科出身の先生方がたくさん書籍を出されていますよ。

Sponsored Link

コメント

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

自己紹介

 私は50代・男性のレイキマスター、山梨県・河口湖から配信中です。
 仕事をする傍ら、自分や周りの人にレイキヒーリングをしています。
 私にとってレイキは現実的なものでスピリチュアルではありません。
 多くの人にレイキで心身ともに充実した生活を送って欲しい・・・
 私とレイキの出会いについてはこちらをご覧ください。

アーカイブ

最近のコメント

ブックマーク/RSS登録

Sponsored Link

免責事項

レイキヒーリングで願望実現しよう! は私の経験と知識を基に作成しておりますので記述内容・リンク先の内容について保証できません。
さらに日本では医師法等の法律上レイキ (霊気・霊氣)を病気(疾患)の治療目的で使用することは医療行為に該当するため禁じられています。

ブログ発行者へメール

携帯QRコード

QRcode:home

相互リンク

にほんブログ村 健康ブログ レイキへ
にほんブログ村
TREview
HSランキング
人気ブログランキングへ
Yahoo!ログール


このサイトは レイキヒーリングで願望実現しよう!
エックスサーバー
で運営しています。