レイキヒーリングで願望実現しよう!トップ » レイキヒーリング» レイキ(霊気・霊氣)ヒーリングの禁忌

禁忌」というのは「禁止されていること」という意味で、よく医療・医薬品の専門用語として使用されています。

『レイキ(霊気・霊氣)ヒーリングの禁忌』というのは、「その病気(疾患・疾病)に悪影響を及ぼすので、レイキ(霊気・霊氣)ヒーリングを行ってはいけない」ということです。

しかし、現在のところ、国内外において『レイキ(霊気・霊氣)ヒーリングの禁忌』に該当する病気は見当たりません

強いて言えば、医薬品を常用している人にレイキ(霊気・霊氣)ヒーリングした場合に、多少の影響が出る可能性があることです。

糖尿病の場合

糖尿病、特にインスリン依存型糖尿病(Ⅰ形糖尿病ともいいます)の方にレイキヒーリングをする場合、ヒーリングの前後で血糖値が変化する場合があります。

インスリン依存型糖尿病の方は、ペン型インスリン注入器などで自分で注射をして生活しています。また、携帯用の血統測定器で普段から血糖値を測っています。

レイキヒーリングを行うと、受け手の身体でインスリン感受性が高まる結果、インスリンの作用が強まって低血糖を引き起こす可能性があります。

ですから、インスリン依存型糖尿病の方にレイキヒーリングを行うときは、ヒーリングの前後に血糖値を測ってもらうことが懸命だと思います。

飲み薬を服用している非インスリン型糖尿病(Ⅱ型糖尿病)の方では、血糖値の大きな変動は無いようです。

向精神薬を常用している場合

鬱病(うつ病)・神経症などで向精神薬を常用している方にレイキヒーリングをすると、やはり結果的にですが薬の作用が強まる場合があります。

ヒーリングの時間を短くするなどの工夫が必要です。

薬を常用していない人、例えば軽い「うつ状態」の方には、通常通りのヒーリングでよいでしょう。

うつ状態とは、感情が抑え込まれて歪められた結果、自分自身に向けられた隠れた怒り・悲しみのような状態です。

レイキヒーリングによって、その隠れた感情に自分自身で気付き、徐々にそのようなネガティブな感情からポジティブな感情に変化していきます。

基本12箇所のハンドポジションに5分ずつ、定期的にヒーリングするのが基本ですが、特に頭部へのヒーリングは念入りに行います。

Sponsored Link

コメント

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

«  レイキ(霊気・霊氣)ヒーリングの禁忌  »
|トップページ |

自己紹介

 私は50代・男性のレイキマスター、山梨県・河口湖から配信中です。
 仕事をする傍ら、自分や周りの人にレイキヒーリングをしています。
 私にとってレイキは現実的なものでスピリチュアルではありません。
 多くの人にレイキで心身ともに充実した生活を送って欲しい・・・
 私とレイキの出会いについてはこちらをご覧ください。

アーカイブ

最近のコメント

ブックマーク/RSS登録

Sponsored Link

免責事項

レイキヒーリングで願望実現しよう! は私の経験と知識を基に作成しておりますので記述内容・リンク先の内容について保証できません。
さらに日本では医師法等の法律上レイキ (霊気・霊氣)を病気(疾患)の治療目的で使用することは医療行為に該当するため禁じられています。

ブログ発行者へメール

携帯QRコード

QRcode:home

相互リンク

にほんブログ村 健康ブログ レイキへ
にほんブログ村
TREview
HSランキング
人気ブログランキングへ
Yahoo!ログール


このサイトは レイキヒーリングで願望実現しよう!
エックスサーバー
で運営しています。