神経は、外界刺激を情報として脳に伝達し、脳はその情報を処理判断して、その対応策を身体の各部に伝達命令します。

この伝達命令を担うのが「神経系」と呼ばれるものです。

神経系は、構造の上から、脳・脊髄・末梢神経に分けられます。このうち、脳と脊髄は中枢神経系と呼ばれ、末梢神経系から送られてくる情報を受け、それに応じて指令を送るコントロールシステムの役割を果たしています。

末梢神経のうち、血液の循環や胃の消化、呼吸の働きというものは、私たちが意識しなくても寝ている間にも行われている性質のもので、このような働きは、意思とは無関係に、反射的・自動的に働くという意味で、自律神経といいます。

自律神経系は、交感神経副交感神経の2つに分けられます。

交感神経は主として闘争や恐怖などの緊急時に活動する神経系です。

一方、副交感神経は、安静時に働きエネルギーを保存、貯蔵するように作用する神経です。

交感神経と副交感神経は、一方が器官の働きを活発にすれば、他方はその器官の働きを抑える役割をしています。

例えば、心臓の拍動ですが、交感神経の働きは心拍数を速くするのに対して、副交感神経の働きはこれを抑えて遅くします。

また、この関係を消化(胃液・膵液などの分泌)の活動でみると、その働きは全く逆で、副交感神経が働きを高め、交感神経が働きを抑えます。

私たち人間は昼間活動している時は、心臓の働きを高め、胃腸の働きを抑える必要があり、交感神経が優位になります。

一方、食事をしている時は胃腸の働きは高まりますが、身体は休んでいるため心臓の働きは抑えられます。つまり副交感神経が優位になるわけです。

このように私たちの身体が、この両神経系が密接な連携をとり、うまく調節することによって成り立っています。

ところが、このバランスが何らかの原因で崩れだすと、種々の心理的・身体的症状が現れてきます。

これが自律神経失調症神経症心身症と呼ばれるものです。

レイキ(霊気)ヒーリングにより、神経系のバランスがよくなります。

Sponsored Link

コメント

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

自己紹介

 私は50代・男性のレイキマスター、山梨県・河口湖から配信中です。
 仕事をする傍ら、自分や周りの人にレイキヒーリングをしています。
 私にとってレイキは現実的なものでスピリチュアルではありません。
 多くの人にレイキで心身ともに充実した生活を送って欲しい・・・
 私とレイキの出会いについてはこちらをご覧ください。

アーカイブ

最近のコメント

ブックマーク/RSS登録

Sponsored Link

免責事項

レイキヒーリングで願望実現しよう! は私の経験と知識を基に作成しておりますので記述内容・リンク先の内容について保証できません。
さらに日本では医師法等の法律上レイキ (霊気・霊氣)を病気(疾患)の治療目的で使用することは医療行為に該当するため禁じられています。

ブログ発行者へメール

携帯QRコード

QRcode:home

相互リンク

にほんブログ村 健康ブログ レイキへ
にほんブログ村
TREview
HSランキング
人気ブログランキングへ
Yahoo!ログール


このサイトは レイキヒーリングで願望実現しよう!
エックスサーバー
で運営しています。