レイキ(霊気・霊氣)というエネルギーがいつどのようにして発生したのかは不明です。

しかし、宇宙空間に不思議なエネルギーが存在することは、古くから世界各地で体験的に知られていました。

現在、レイキ(霊気・霊氣)と呼ばれて世界に普及しているのは、1922年(大正12年)に臼井甕男(みかお)先生が創始した癒しの技法「臼井霊気療法」で、臼井レイキ法または臼井式レイキ法とも呼ばれてもいます。

臼井甕男|レイキヒーリングで願望実現しよう!

臼井甕男先生

臼井霊気療法(伝統霊気)の発祥

臼井甕男先生は、若い頃、郷里の岐阜県を離れ、各種の職業を体験するうちに、「人生の目的とは何か」と、深く考えるようになりました。

長い探求のあと、「人生の目的は、安心立命を得ることだ」という結論に達し、京都の寺で3年間の座禅を行いました。

しかし、目指す心の境地は得られず、ついに死を覚悟して鞍馬山で瞑想と断食を始めました。始めてから21日目に、体内の波動と宇宙の波動が共鳴して、自己と宇宙との一体化が得られ、求めていた境地が完成しました。

つまり、悟りを開いたのです。

すると、そのとき、以前に仏典の中で見つけたシンボルが目の前に現れたのです。その瞬間、先生は力を与えられ、力強い癒しの力に満たされました。

それと同時に、シンボルマントラ が持つ知恵と意味とその使い方がはっきりとわかったのです。

鞍馬山を下る途中で、臼井先生は、つま先に怪我をしました。ズキズキと痛み、血も出ていました。

けれども、その部分に両手を当てると、たちまち血が止まり、痛みが消えたのです。これは瞬く間に起こる自然治癒の最初の体験となりました。

そのあと、先生は幼い少女の歯痛と僧院長の関節炎を治しました。そのとき、先生は求めたものをついに手に入れたことに気づきました。

悟りを開き、癒しのエネルギーを利用する方法を習得していたのです。

そして、このエネルギーを『レイキ(霊気・霊氣)』と名づけました。ここに「臼井霊気療法」が誕生したのです。

「臼井霊気療法」は、のちに海外に伝わり発展しました。

海外で普及している臼井レイキ法を『西洋式レイキ』と呼びます。

西洋式レイキは、その後1980年代、日本に逆輸入された形で国内に普及しました。

現在、国内の臼井レイキ法の90%以上は、西洋式レイキです。一方、国内で伝統的に受け継がれた臼井レイキ法は、『伝統霊気』と呼ばれています。

Sponsored Link

コメント

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

自己紹介

 私は50代・男性のレイキマスター、山梨県・河口湖から配信中です。
 仕事をする傍ら、自分や周りの人にレイキヒーリングをしています。
 私にとってレイキは現実的なものでスピリチュアルではありません。
 多くの人にレイキで心身ともに充実した生活を送って欲しい・・・
 私とレイキの出会いについてはこちらをご覧ください。

アーカイブ

最近のコメント

ブックマーク/RSS登録

Sponsored Link

免責事項

レイキヒーリングで願望実現しよう! は私の経験と知識を基に作成しておりますので記述内容・リンク先の内容について保証できません。
さらに日本では医師法等の法律上レイキ (霊気・霊氣)を病気(疾患)の治療目的で使用することは医療行為に該当するため禁じられています。

ブログ発行者へメール

携帯QRコード

QRcode:home

相互リンク

にほんブログ村 健康ブログ レイキへ
にほんブログ村
TREview
HSランキング
人気ブログランキングへ
Yahoo!ログール


このサイトは レイキヒーリングで願望実現しよう!
エックスサーバー
で運営しています。