レイキヒーリングで願望実現しよう!トップ » 心・身体» マイナス感情の「きっかけ」と「原因」

放射と引き寄せの法則」は、「因果応報の法則」、「原因と結果の法則」などと関係しています。

つまり、原因(因)が放射で、結果(果)が引き寄せです。

日常生活で、”何か嫌なこと”があって、自動的に怒り・悲しみ・恨みなどの感情が生じたとしましょう。

その感情を、他の人に向けたり、自分自身に強く向けたりすると(=原因・放射)、それは結局自分自身に返ってきて蓄積されていきます(=結果・引き寄せ)。

ここで、大切なことは、『”何か嫌なこと”は「原因」ではなく「きっかけ」にすぎない』ということです。

そうすると、”何か嫌なこと”があって、マイナスの感情が生じても、それをそこで冷静に見つめることができます。

そして、それらの一瞬のマイナス感情は、心の奥深くには届かずに、消えていきます。

本当の自分が解っている、本当の自分を観察することができていれば、マイナスの感情が蓄積することがありません。

レイキヒーリングで願望実現しよう!きっかけ

レイキ(霊気・霊氣)はそのためのツールでもあります。

レイキ(霊気・霊氣)によって、一瞬のマイナス感情がそのまま流されることに、ストップをかけることができます。


例えば、「人を人とも思わない態度」をする人って、結構いますね。

周囲の人もその人の態度にムッとしています。

そのような人が直接の仕事相手だと、ムッとするどころか、怒りがこみあげてきそうです。

大抵の人は、そのような態度によって自動的に怒りなどの反応が引き起こされます。

しかし、自動的な反応が生じかけてきたところで気付き、その反応をそこでストップすることができます。

その気付きとは、『そのような人の態度は、私にとっては単なる「きっかけ」でしかない』ということです。

その態度は、その人自身にとっての「原因」であり、その「結果」はその人自身に返ってきます。

これが、「放射と引き寄せの法則」・「因果応報の法則」・「原因と結果の法則」です。

誰かの言動に自分が怒ったときには、怒りの「原因」は自分が持っているのです。

それが誰かの言動という「きっかけ」によって引き起こされます。

自分の中にその「原因」が存在していなければ、怒りは起こりません。

レイキ(霊気・霊氣)は、自分の中の「原因」についてアドバイスしてくれます


逆の場合はどうでしょうか。

相手が不機嫌な態度をとったとしましょう。

その原因は私にあるのでは・・・

そう思うこともよくありますね。

そのときも、レイキ(霊気・霊氣)を使って自分に聞いてみましょう。

私自身の「原因」は、相手にとっては「きっかけ」にすぎません。

でも相手の不機嫌の原因は、あくまでも相手自身の中にあることを認識しておきましょう。


メンタルヒーリングなどで自分の中にある「原因」に気付き、クリアーにすることが大切です。

これは、自己浄化にもつながることです。

まるで条件反射のように、自分を責めたり落ち込んではいけませんね

Sponsored Link

コメント

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

«  マイナス感情の「きっかけ」と「原因」  »
|トップページ |

自己紹介

 私は50代・男性のレイキマスター、山梨県・河口湖から配信中です。
 仕事をする傍ら、自分や周りの人にレイキヒーリングをしています。
 私にとってレイキは現実的なものでスピリチュアルではありません。
 多くの人にレイキで心身ともに充実した生活を送って欲しい・・・
 私とレイキの出会いについてはこちらをご覧ください。

アーカイブ

最近のコメント

ブックマーク/RSS登録

Sponsored Link

免責事項

レイキヒーリングで願望実現しよう! は私の経験と知識を基に作成しておりますので記述内容・リンク先の内容について保証できません。
さらに日本では医師法等の法律上レイキ (霊気・霊氣)を病気(疾患)の治療目的で使用することは医療行為に該当するため禁じられています。

ブログ発行者へメール

携帯QRコード

QRcode:home

相互リンク

にほんブログ村 健康ブログ レイキへ
にほんブログ村
TREview
HSランキング
人気ブログランキングへ
Yahoo!ログール


このサイトは レイキヒーリングで願望実現しよう!
エックスサーバー
で運営しています。